読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はっぱや神馬

檜垣亮さんの「はっぱや神馬」です。

 

ー「一期一会のハレなれば」

    「三千世界に花と散れ」ー

 

時は昭和47年の春。

「はっぱや」を切り盛りする八千代と9歳の娘・麻子が住む家の庭にプレハブが建てられ、一人の青年が引っ越してきたところから物語が始まります。

青年の名は十条神馬。

芸術家だと言っていますが…

 

麻子は八千代に言われ、神馬に醤油を借りに行くついでに家賃の取立てにいくのですが、うまく誤魔化されてしまいます。

次の日、麻子は神馬のプレハブの近くで刑事の加賀美に「十条神馬は元過激派」だと教えられます。

 

そして麻子は忍び込んだプレハブの中でダンボールの中からダイナマイトと導火線と時計を見つけ…

果たして、麻子は爆弾をどうするのか?

そして神馬の正体とは?

 というのが第一話です。

 全五話ですべて麻子の視点で物語りは進んでいきます。

  

なんですが、ネタバレすると神馬は「発破屋」なんです。

麻子はダイナマイトを捨てようとしますが、最後には…

 

"キレモノ"になりたい麻子と"ついでに生きてる"神馬と周りの人たちとの、粋で人情味あふれる物語です。

 個人的には2話目の「銀ピカのお宝」がよかったです。

 

  単行本

はっぱや神馬 | Honya Club.com icon

 

電子書籍