読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妖奇庵夜話 その探偵、人にあらず

榎田ユウリさんの「妖奇庵夜話 その探偵、人にあらず」です。

見た目は人間と変わりないが、ヒト変異型遺伝子=妖人DNAを持つ人間の亜種と位置づけられ人間とは認められないとされている妖人。
この妖人DNAを持つ妖人には特別な力を持つものや持たないがいます。

この妖人が関わった事件を専門に扱う警察部署・妖人対策本部(Y対)のベテラン刑事・鱗田と新人刑事・脇坂が、妖人と人間を見分けることができる茶道家・洗足伊織に事件の捜査協力を依頼して、事件を解決するというお話です。

行方不明になっていた女子大生が痩せ細った状態で、廃屋近くの崖下から発見され、廃屋には足枷が残されているのも発見されます。
ネット上では子供を攫って油を搾り取る”油取り”の仕業ではないかという憶測が飛び交います。

”油取り”なんて妖人はいないという伊織と自らを”油取り”という青目、そして妖人集会に現れたもう一人の”油取り”。


伊織と脇坂の掛け合いが面白かったです。
また伊織の毒舌にもまったくめげない脇坂の天然ぶりがまた…

ちょうどゆうきまさみさんの「白暮のクロニクル」という漫画を読んでてなんか似てるなぁと^^;

【PC・携帯共通】醗酵堂 by Cecile